テーマ:映画

関ヶ原

久しぶりに映画観てきました 戦闘シーンの多い映画はあまり好きではないけれど、息子が制作に参加したと言うので「関ヶ原」観てきました! 誰もが知っている「関ヶ原の戦い」、結果もわかってはいるけれどそれぞれの武将の立場や考え方で変わる心の内などがよくえがかれていて見ごたえのある面白い映画でした。 ただ、戦いの場面が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の名は。

娘と映画を観てきました 友達からも娘にも『シンゴジラ』が面白いと聞いていて観たかったけれど、娘は友達と観たし、興行ランキングで『君の名は。』が『シンゴジラ』を抜いて一位だというので『君の名は。』を観ました。 平日の夕方というのに映画館には若者がいっぱい!ほぼ満席でざっと見たところ、20代迄以外は私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界から猫が消えたなら

映画の無料チケットいただいたので久しぶりに映画観てきました そんな暇、今ないのにチケットの期限が迫ってるからと言い訳にして(^-^)v 今、何を上映してるかもよく分からなかったけど、娘の薦める「世界から猫が消えたなら」にしました。 自分が今、ここでこうしていることの意味?今までかかわってきたもののうち一つ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「パディントン」

観てきましたパディントン 実写ってどうなの?と思ってましたが想像以上にリアルで楽しめました吹き替えもみんなバッチリ!松坂桃李さんのパディントン、とっても良かったです。 ハラハラ、クスリ、ドキドキ、ホロリ… ツッコミどころ満載で難民問題などふ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラブライブ

映画「ラブライブ」のパンフレットを買ってきました。 息子が制作に関わったからです。 今までは映画を見に行っていましたが、この映画はさすがに見るのはパスしました。 パンフレットの最後のstaff & castに息子の名前が載っているのを確認します。 ちゃんと載っていた! このために1000円(税込)です(*^^*)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IN TO THE WOODS & 風に立つライオン

日曜日に娘と「IN TO THE WOODS」を昨日「風に立つライオン」を観てきました。 「IN TO THE WOODS」はさすがディズニーという感じ ミュージカル映画なので全体を通して素敵な歌、歌声が響き渡っています。 「アナと雪の女王」の様にこれ!という歌はありませんがどれも場面に合った素敵な歌でし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「滝を見に行く」

友達と久しぶりに映画を見に行ってきました(*^^*) 「南極料理人」「横道世之介」などの監督の沖田修一監・脚本の最新作です。 演技経験の全くない素人を含むオーディションで選ばれた7人のおばちゃんのそれぞれの個性、特技を役柄に取り入れてあり、面白かったです おばちゃんたちがピンチなのにそれを楽しんでる様子が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遅まきながら・・・*アナ雪*

ものすごく流行っているのでみたいなぁとは思っていましたが・・・ あんまり期待しすぎて思ったほどじゃなかったりして・・・ とか考えていたらドンドン観に行くのが遅くなり・・・ 今更・・・と思っていたら 友達が誘ってくれたので行くことができました 期待はずれではなかったですね{%ハート2webry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

永遠の0(ゼロ)

観てきました 公開前から観たいと思ってはいましたが 原作を読んでから観た方がいいと聞いていて観に行くのを少し躊躇していたのですが、年末の「先輩ROCK YOU」という番組を見てとにかく観なきゃ!!と思い行って来ました。 序盤から泣きっぱなしでした 今のダレ~~っと過…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

SPEC 結 漸の篇

SPEC、観てきました ドラマからずーっと観ているのでもうすぐ終わってしまうと思うと残念だけど最後がどうなるのか気になって、仕事でしたが漸の篇公開初日最終22時20分~の回を観ました 遅い回にもかかわらず大きな会場がざっといっぱい、人気の高さがわかります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そして父になる

昨日、観てきました ん~~~ ネタばれしてしまうので詳しく書けないけれど、 いろいろ考えさせられて、観終わったあともかなり余韻が残る映画です。 何度も目頭が熱くなりましたが 特に子役の演技が自然で「なんで?」と何度も聞くシーンでかなりウルウルきてしまいました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミュージカル「レ・ミゼラブル」

昨日、中日劇場で娘と観てきました よかった~~~ 二人の予定がなかなか決まらず、チケットを購入したのが遅かったので、中央だけど2階の一番後ろの席でちゃんと観られるか不安だったけど、上から見下ろす感じではあるものの全体が見渡せて充分楽しめました(^^)v 舞台…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残念な映画

先日、試写会の券があたったので観てきました。 「R100」・・・観終わったあと、ため息がでました。 松本人志監督の映画は初めてで今までの評価をみても「ハチャメチャ」な映画だろうなとは思ったけど、げらげらと笑える映画かなと思って行ったのに全然笑えませんでした。 前半に1回だけ、クスッとなったかな。 意味わかんない・・・…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

CAPTAIN HARLOCK

先週、映画「CAPTAIN HARLOCK」を観てきました。 「ATARU]とか「風立ちぬ」とか観たいものがたくさんあったのですが、息子がこの映画製作にかかわったのでこれにしました 「999」や「宇宙戦艦ヤマト」も観たこともないし、松本零士さんの「絵」も好きでない、それに主役の声が・・・な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Springsteen&I 

Bruce Springsteenのドキュメンタリー映画を観てきました 7月22日1回限りの上映ということで166席の会場は満席でした。 あまり宣伝してなかったので当日少し早めに行けばいいか・・・と思っていたけれど、前の日の夜、何時からだっけ・・・とネットで調べたら3分の2位の席が予約済み! あわてて私も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子宮の記憶 ここにあなたがいる

7月1日、ワーナーマイカルシネマとイオンシネマがひとつになって新生イオンシネマ誕生祭やってます いつも行くショッピングセンターの中の映画館も「誕生祭」をやっていて、1日~3日まで無料で観られるものもあります。その中から「子宮の記憶 ここにあなたがいる」(2007年公開)を観てきました。 タイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「舟を編む」

「舟を編む」を観てきました 本がとてもおもしろかったのでどの様な映画になるのか楽しみにしていました。 本の内容的にも物語がものすごく盛り上がったりするものではないので、 映画もやっぱり淡々と展開していった・・・という感じでした。 本の中の好きな場面が映画ではな…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

SPEC~天

SPEC初日、見に行ってきました ドラマから娘と一緒にはまってます。 期待通りのおもしろさ ハリウッドでもリメークされてドラマ化されるらしい 戸田恵梨香と加瀬亮の役は誰がやるのかなぁ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おかえり、はやぶさ

今日は「おかえり、はやぶさ」の試写会へ行ってきました <はやぶさ>が飛び立ってから燃え尽きるまでの物語だけでなく、宇宙開発の歴史などもわかる映画です。 それに、3Dなので宇宙空間にいるような気分が体感できます エンジンの話などちょっと難しいところもあり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

涙が止まりませんでした

試写会の券が当たったので娘と二人で見てきました。 トム・ハンクスとサンドラ・ブルックが出ている「ものすごくうるさくて、ありえないほど近い」という映画です。 アメリカの9・11事件で父親を亡くした男の子のその事実を受け止め悲しみを乗り越えていく物語です。 なんといってもオスカー役のトーマス・ホーン君の演技がすごい…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

十三人の刺客

昨日、ツタヤの無料レンタル券が1月末までだったので借りに行き、「十三人の刺客」が目についたので借りてきました。 いわゆる時代劇ですが、時代劇が好きなわけでなく、長男がこの映画のコンポジターとして関わっていたからです 息子が関わった映画は映画館に見に行って、エンドロールで息子の名前を探すの…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ヒューマン・シネマ・フェスティバル supported by AEON

昨日、一昨日と二日続けて映画を観てきました 一昨日は「入場無料」というのにつられて一人で見に行ったのですが、 このフェスティバルは世界に何千万人もいる難民のことを「知る」ためのもので、 「WELCOM」(邦題・君を想って海をゆく)という難民の男の子(17歳)が主人公の胸にジーンときていろい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more