十三人の刺客

昨日、ツタヤの無料レンタル券が1月末までだったので借りに行き、「十三人の刺客」が目についたので借りてきました。
いわゆる時代劇ですが、時代劇が好きなわけでなく、長男がこの映画のコンポジターとして関わっていたからです
画像

息子が関わった映画は映画館に見に行って、エンドロールで息子の名前を探すのが秘かな楽しみなのですが、この映画はいつのまにか公開が終わっていて見れなかったのです。

この映画、三池崇史監督ということでもっとはっちゃけた映画かと思っていましたが、意外とまともでした
後半は斬り合いばかりでグロテスクな部分もありちょっと閉口しましたが・・・

でも、エンドロールに息子の名前もちゃんとあったし、良い映画です



親バカですみません

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

あぼし
2012年02月25日 11:51
「十三人の刺客」、あぼしも見ました。映画館で。  三池監督は、突き抜けた映画を作るので好きです。 稲垣吾郎の、いっちゃてる殿様、良かった。実際にいたら困りものですが冷や汗  息子さんが、こういった創る世界にいらっしゃるとか。大変だけど、やりごたえの有る仕事だと思いますわーい(嬉しい顔)

この記事へのトラックバック